タイで仕事を探すには

タイで仕事を見つける手段はいろいろとありますが、仕事を探すときには、多くの仕事がタイ人を対象にしている点に注意する必要があります。

タイで仕事を探す手段としては、主に以下のものがあります。

新聞:タイの主要紙World today, Bangkok daily, Bangkok postにはしばしば求人情報が掲載されています。しかしながら、新聞に掲載された職はすでに埋まっている可能性があります。多くの企業が自社のパブリシティを高めるためだけに求人広告を出している場合があるからです。

インターネット:大半の国外在住者は、Jobzingand Monsterのようなネットの求人サイトで仕事を探しています。ネットの求人サイトは、分野、給与、地域など一定の基準で探すことができます。タイ語が読めるなら、タイ労働省雇用局や職業訓練局のウェブサイトが役に立つでしょう。

人材派遣会社:求職活動に専門の助けが必要なら、タイの人材派遣会社に問い合わせてみるとよいでしょう。そうした会社はたいてい大手企業と協力しており、最新の経済状況を把握しています。加えて、求人情報、面接対策等で助言を与えてくれるでしょう。そうしたサービスは、常に手数料が(利用者本人か利用者を雇う企業に対して)課されます。

ネットワーク:国外在住者のオンラインフォーラムも、タイの雇用市場に関する情報や助言を与えてくれます。タイで働いている人たちと連絡を取るため、LinkedinやXingなどのソーシャルネットワークサイトやJust Landedのタイ・ジョブ・ポータルをチェックするとよいでしょう。

タイ現地採用の為の転職情報サイトまとめ

はじめに

タイで現地採用として働いている日本人の数は年々増えています。最近では大学新卒の若い人も多く見かけるようになってきました。先日、バンコク中心部の有名な繁華街で大学生くらいの3人組のグループと席が隣になったので話していたら、みんながみんな23歳〜25歳で大学を卒業をして直ぐにタイで就職をしたようです。ただタイに対しては好感を持っているようでしたが、内2人は転職を考えているようで人材紹介会社へ登録したり、転職情報サイトで新しい仕事を探しているそうです。彼らも利用している転職情報サイトを含めて、タイ現地採用の為の転職情報サイトをまとめました。


タイ転職情報サイトの特徴

タイ現地採用に人気のあるタイの転職情報サイトの特徴は、タイでの生活情報が掲載されていることです。特に日本食屋やラーメン店、美容関係が載っているサイトは人気があるようです。また国内旅行の情報なども人気があるようです。


タイ転職情報サイトの紹介

キャリアリンクタイランド|タイ芸術に魅了され現地採用として転職した人のブログ

-サイト名:キャリアリンクタイランド
-URL:https://kyujin.careerlink.asia/thailand
-コメント:タイの転職情報をお届けします。
-オフィス:Room 58S, 47 Sukhumvit 69 Rd., Phra Khanong Nuea, Watthana, Bangkok, Thailand


カモメアジア転職-タイランド

カモメアジア転職|タイ芸術に魅了され現地採用として転職した人のブログ

-サイト名:カモメアジア転職
-URL:http://kamome.asia/thailand/
-コメント:カモメアジア転職はシンガポール、ベトナム、タイ、インドネシア、インド等のアジアの求人就職情報のご提供を通して皆様の「海外での素敵な就職・ライフワーク探しのお手伝い」をします。
-オフィス:タイにオフィスはありません。


ワクワク(タレンテックス)

WakuWaku(ワクワク)|タイ芸術に魅了され現地採用として転職した人のブログ

-サイト名:WakuWaku
-URL:https://waku.jbtalents.com/match/for_japanese
-コメント:タイの日本人向け求人を検索サイトでウェブ上で面談できる新しいシステムを導入しています。
-オフィス:10/174 The Trendy Building 22nd Floor, Room 2201C, Sukhumvit Soi 13 (Saengchan), Klongtoey-Nua, Wattana, Bangkok 10110


RGF-タイランド

RGF|タイ芸術に魅了され現地採用として転職した人のブログ

-サイト名:RGF
-URL:https://www.rgf-hragent.asia/thailand
-コメント:総合人材サービスNo.1のリクルート海外人材紹介事業のRGFが、幅広い求人から貴方に最適な案件をご紹介します。
-オフィス:689 BHIRAJ TOWER at EmQuartier, 23rd Floor, Room No. 2304-2306Sukhumvit Road, North Klongton Sub-District,Vadhana District, Bangkok 10110


JACタイランド

JAC|タイ芸術に魅了され現地採用として転職した人のブログ

-サイト名:JAC
-URL:https://www.jac-recruitment.co.th/ja
-コメント:タイの転職情報をお届けします。
-オフィス:Bangkok Head Office,10th Floor, Emporium Tower,622 Sukhumvit Soi 24, Klongton,Klongtoey, Bangkok 10110 Thailand


パーソネルコンサルタント

パーソネルコンサルタント|タイ芸術に魅了され現地採用として転職した人のブログ

-サイト名:パーソネルコンサルタント
-URL:https://www.personnelconsultant.co.th/
-コメント:日系人材紹介会社では日本人、タイ人向けの求職・求人で一番長くタイ現地にて営業しています。
-オフィス:L, UL FLOOR Interchange 21 Bldg, 399 SUKHUMVIT ROAD, KLONTOEY NUA, WATTANA, BANGKOK 10110 THAILAND


パソナ-タイランド

パソナタイランド|タイ芸術に魅了され現地採用として転職した人のブログ

-サイト名:パソナタイランド
-URL:https://pasona.co.th/ja/
-コメント:タイ・バンコクの求人、転職、就職、派遣などの求人情報を多数掲載!!日本人のスタッフがバンコクでの仕事探しを全力でサポートします。
-オフィス:26th Floor, Sathorn Square Office Tower,98 North Sathorn Road Silom,Bangrak, Bangkok 10500,Thailand


アデコ-タイランド

アデコタイランド|タイ芸術に魅了され現地採用として転職した人のブログ

-サイト名:アデコ・タイランド
-URL:https://adeccojapanese.asia/
-コメント:アデコはタイ国内に10拠点、世界60エリアに5,100以上の支店を有するタイ、そして世界最大の総合人材サービス企業です。
-オフィス:388 S.P. Building. 11th Floor, Zone A, Phaholyothin Road, Samsennai,
Phayathai, Bangkok 10400 Thailand.


A-LINK|タイ芸術に魅了され現地採用として転職した人のブログ

-サイト名:A-Link
-URL:http://www.alink.co.th/jp/index.php
-コメント:A-Link Recruitmentはタイ・バンコクに拠点を置く総合人材紹介会社です。
-オフィス:92/51A Sathornthani Building 2 Level 18, NorthSathorn Rd., Silom, Bangrak, Bangkok 10500


市人リクルートメント

市人リクルートメント|タイ芸術に魅了され現地採用として転職した人のブログ

-サイト名:市人リクルートメント
-URL:http://www.maruichi-thailand.com/ichijin/
-コメント:タイに暮らす皆様とタイにある企業様との間を繋ぐ橋渡しになりたいと考えています。
-オフィス:31 Phayathai Building, Room 516, 517, 5′th Floor, Thanon Phayathai, Ratchathewee, Bangkok 10400

国外在住者、タイで仕事を探すには?

ここ最近の米国やヨーロッパのダウンサイジングの影響で、アジア、とりわけ微笑みの国タイで仕事を探す人が増えています。しかし海外で仕事を得るのは、そう簡単なことではありません。私からは、次のようにアドバイスしたいと思います。

タイにおいては、会議所や各種の社会集団を通じたネットワークとつながりを持つ必要があります。優れた創造的な仕事といえども、やり方次第で入り込める余地が常にあります。しかしながら、少なからぬ人たちが、興味の持てない仕事や不得意な分野で働いています。誠実な連絡を心がけ、友達になる必要があります。もし次の条件が満たされていれば、あなたに仕事が舞い込んでくるでしょう。
1. 彼らがあなたを気に入り、あなたに好印象を抱くこと。
2. あなたが最高水準の製品を提供していること。
3. あなたが十分な製品を提供しているが、同時に優れた顧客サービスも備えていること。あるいは最適な価格体系を持ち、問題が生じた際にアフターサービスを提供していること。
4. あなたが彼らの知り合いのために現在仕事をおこなっており、その仕事ぶりが優秀で、彼らの友人があなたを激賞していること。

ウェブ開発者およびデザイナーへ
タイに自分の事務所を開き、外回りをして、あなたのサービスを提供することができます。うまくいけば、広告代理店のためのウェブ開発部門の開設を提案するか、広告代理店の従業員になることができます。しかし、あなたはワールドクラスの従業員でなければなりません。さもなければ、彼らは後悔の弁を口にするでしょう。タイ人を雇えばよかった、と。アウトソーシングの行き先はアメリカではありません。インドのほうが地理的に近く、コストも低く抑えられます。

ここタイにおいて、優れたプリント・グラフィックス・デザインは飽和状態にあります。それはどこででも、なんとかすれば手に入れられます。発展の可能性があるのは、3Dグラフィックス&アニメーションです。タイ人はこの分野でやや遅れを取り、そのデザインは初歩段階にあります。これについて、価格さえ見合えば、マーケティングの余地はまだあります。タイで優れたロゴを製作している人は少なく、彼らは大量コピーしているのが実状です。ウェブ放送は、世界中もさることながら、タイでは基礎段階にとどまっています。タイ人が金を注ぎ込んでいるのは、依然としてテレビです。

すべての求職者へ

あなたは自分の作品を展示するウェブページを示す自分のLinkedInを更新したいかもしれません。実のところ、ほとんどの人は、あなたの成果物や能力を見る前に、あなたと話をしたり、直接会ったりする時間がありません。ですので、あなたのメソッドや実績についてもう少しだけ話してみましょう。ただし誇張は禁物です。

パーソナルページでもう少しあなたの魅力をアピールするとよいでしょう。そのリンクをあなたのLinkedInに貼りましょう。保護コンテンツを持つのもよいでしょう。それが少なければ、リンクも少なくなり、なによりも、自分自身を消極的に見せてしまい、(退屈な)自己の宣伝屋になるでしょう。

タイで働きたい理由をはっきりさせましょう。次に、もしもあなたの肩書きにFinancial Servicesを謳いながら、あなたの経歴が一般的なマーケティング&ビジネス開発、何らかの製品開発、何らかのデザインなら、混乱の因となります。あなたのプロフィールからは、あなたが何をしている人なのか、あなたの専門が何なのかが分かりません。私だけが分からないのではありません。

PRのプロやコピーライターに依頼して、名刺、履歴書、ウェブページなどの自己宣伝手段を改善しましょう。少しお金を払えば、彼らは期待に応えてくれるでしょう。彼らの仕事の出来具合も確認しましょう。さもなければ、素人が素人を導いているようなものです。PRのプロを探しているとき、なぜ彼らを雇うのかを自らに問い返しましょう。そうすれば、自己宣伝の仕方が分かるでしょう。

他のアジアの国でもそうですが、タイでうまくスタートを切る方法は、英語教師としてタイを訪れることです。そして英語教師をしながら、求職活動をすることは可能です。あなたにTEFLの証明書かその類いがあれば、基礎的な教職の仕事に就けるかもしれません。倹約を心がければ、生活費を心配せずに暮らしつつ、本当にやりたい仕事を見つけるための活動が続けられます。周囲とのネットワークを維持しましょう。新しい交友関係を築けるだけでなく、いくらかでも新たな面接機会が得られるでしょう。

覚えておくべきこと

この新たな仕事を探している間に、自分自身について学び、沈思黙考し、未体験の食べものに挑戦し、世界中からやって来る外国人の文化とあなたの文化とを分かち合いましょう。慈善活動に参加するのも悪くありません。結局、タイで基本的な仕事をしながら得られるのは、ビーチで過ごす週末の数日にすぎないかもしれません。しかしながら、たとえそうだとしても、あなたはいつでも帰国できるのだということを忘れないでください。さあ、あなたはすでに、タイにおいて履歴書に載せられる仕事に就いています。あなたの故郷にそんなひとが何人いるでしょうか?

幸運を祈ります!

タイの雇用見通し

タイで仕事に就きたい者にとって有望な分野は、医療と製造業です。両分野とも、それぞれ成長を促進するためにより多くの人材を求めているからです。

ジョブズDB(タイランド)のマネージング・ディレクターNoppawan Chulakanista氏が明らかにしたところによると、同社が2017年1月にアジア6カ国を対象に実施したオンライン調査で、タイは雇用増加見通しが第3位でした。

アジア6カ国(フィリピン、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ)の企業の約22パーセントは、事業数・社員数とも拡大する予定であると答えています。

この調査によると、これら6カ国の求職者は8,000人、事業者・雇用者は3,000人となっています。

また、タイに拠点を置く企業のうち43パーセントは、2017年の雇用を拡大し、来年以降もさらに採用を増やす予定であると回答しています。

企業の約39パーセントは、欠員を埋めるか、必要な場合に雇用を増やすようです。

「タイでは、消費財、サービス、小売など各種事業分野を後押しするためのスペシャリストや専門家に対する需要が高い状態が続いています。」

「医療・製造業の上位2産業は、それぞれのビジネス成長を促進するためにより多くの専門家や特殊技能者を必要としています」とNoppawan氏は述べています。

新興企業は、自社のビジネス成長を促進するための新たな情報技術の開発に必要な専門的人材を求めているようです。

ジョブズDB(タイランド)の調査によると、求職者が2017年に縮小を予想している産業は、金融サービス、電気通信、製造業だといいます。

多くの求職者は、労働市場に対して消極的な見通しを示しています。同じ分野で働く労働者間の競争が激しくなり、「夢の仕事」を見つけることはますます難しくなりつつあります。

適職を見つけられる可能性の高い産業として、求職者が挙げている上位3産業は消費者向け小売業、製造業、電気通信です。

Noppawan氏によると、企業は、競争が激しい労働市場において優秀な人材を引き寄せる鍵はオンラインメディアだと見ているようです。

「企業は、デジタルメディアを活用して、自社のプロフィールやビジネスブランドを広め、自社の事業に参加する人材を取り込んでいく必要があります。今や求職者の約52パーセントがオンラインで仕事を探しているからです。」

「求職者はまた、新たな仕事に就くよりよい機会をつかむために自分のプロフィールを更新しています」とNoppawan氏は述べています。

タイの労働市場は約3,850万人を抱えており、2017年の失業者は約40万人を数えます。企業は自社のビジネスを促進するための専門知識や創造的技能を備えた人材を探しているとNoppawan氏は述べています。

タイで外国人が働くには

旅行者にとって、東南アジアは、ひときわ昔の面影の残るエキゾチックな場所です。なかでもタイは、比類なく美しい国です。バックパッカーの天国として名高く、ついに地上の楽園を発見したと思わずにはおれません。実のところ、観光地としての魅力の陰に隠れて、仕事の場としての面が見過ごされがちです。そういうわけで、私たちは、Working Abroad Magazineにおいて、その隠れた面を少し明かしましょう。この地球の片隅にある国には、意外に多くの仕事の機会があります。タイを旅する多くの人びとは、いとも簡単に臨時の働き口を見つけることができます。私たちは、もっと見つけにくい仕事の求人情報を知らせる義務があるのではないかと考えています。もっと知りたくありませんか?

タイは現在、旅行者のメッカとなっています。これは近い将来も変わらないでしょう。その地理的な位置のおかげで、オーストラリアへ向かう多くの人がタイを短期の滞在地としています。もちろん、タイ自体が観光目的地であり、毎年何千人もの観光客がこの多様な文化、食べ物、環境を体験するためにタイを訪れています。他方、この注目すべき国を訪れる人びとのうち、実際に滞在して仕事をする人は稀です(仕事の機会は少なくないのですが)。ボランティアの斡旋は非常に多いのですが、調べる場所さえ分かっていれば、賃金を伴うまともな仕事も数多く見つかります。最も一般的なのが、英語を教える仕事です。実際、お金を稼ぐためにタイやその他の東南アジアの国を訪れる人は、教職を選ぶ傾向にあります。夏季出稼ぎ労働者やこれから仕事を始めようとする人たちにも人気の仕事です。

タイで英語を教える

タイやその他のアジア諸国には、外国で教職に就きたい人向けにパッケージを提供する企業が数十社あります。インターナショナルスクールは、関連の教育学位がたいてい必要です。たしかに、学士であれば比較的速やかに受け入れ先が見つかりますが、たとえ大学へ行っていなくても諦める必要はありません。学校での成績がいくら良くとも、そんなことには関係なく、意外にも、インターナショナルプログラムを通じてストレスなく資格が得られます。その場合、Certificate Courseを完了しなければなりません。上級英語教員免許(Advanced TEFL)プログラムは、受講者の潜在能力を最大限伸ばしてくれるでしょう。TEFL資格は大半の外国機関が承認しています。そうしたプログラムを提供している公認の教育機関としてText and Talk Academy(at?www.teflteachthai.com)があります。タイに滞在中は、ここで訓練を受けることができます。

さらに良いのは、4つの素敵な場所から学びたい場所を選べることです。イギリス人旅行者に最も人気があるのはBangkok Instituteです。Text and Talk Academyも幅広いコースから学びたいものを必要に応じて選択することができます。たとえば、児童を教えたければ、4週間のCertificate Course、次いで2週間のTEYL(児童英語教育)コースを選択することができます。これは現在、チェンマイで連続して提供されています。チェンマイは、タイ北部の壮大な山々に囲まれた驚異的な多文化都市です。

「教師」という響きを好まれる方もいらっしゃるかもしれません。ただし、タイではどれだけの収入が得られるのでしょうか? 平均給与はそれほど高くはありません。相応の資格を持った英国出身の教師の月収は、通常3万タイバーツ(433ポンド)から始まり、最高8万タイバーツ(1,154ポンド)まで上がります。初任給の月収は、平均3万5,000〜4万タイバーツです。TEFLパッケージには、たいてい就労許可証の取得や一定の家賃手当が含まれています。ただし、これは配属先機関の裁量に任されていますので、事前に確認しておく必要があります。Text and Talk Academyは、コース参加者へのビザ支援もおこなっています。これは非常に重要です。というのも、ビザ支援は、外国人就労者にとって常に有用(事実上必要)だからです。極東の国へ行きたければ、International TEFL Corporation(ITC)がその場所ごと(ベトナムのホーチミン市、フィリピンのセブ、中国の北京など)に居住パッケージを支援してくれます。

ダイビングインストラクター

旅心を刺激する仕事の一つに、ダイビングマスター(インストラクター)があります。ダイビングに好きで、世界中にダイビングスポットを探しておられる方なら、タイでダイビングマスターの仕事に就くのも検討の価値ありです。ダイバー資格者向けにダイビングの旅を手配する仕事で、水中旅行ガイドの仕事に似ています。旅行の準備や装備品の用意、自らのダイビング体験の説明などで手助けします。

タイへ行く前にすでにレスキューダイバーのレベルに達しているか、それを計画中なら、タイでダイビングマスター・コースを受講し、採用してもらうのに必要な追加技能を習得するのがよいでしょう。どのような訓練を希望するかによって、短期集中コースあるいはパートタイムコースを選べます(コースの目安は3〜6週間)。ダイビング・指導技術、ダイビング知識を高めるための実践、勉強、試験は挑戦し甲斐があり、楽しい経験です。ダイビング体験の訓練と修練にできるだけ多くの時間をかけることはそれだけの価値があります。というのも、あとで仕事を見つけるのに実際に役立つからです。雇用者は、人びとが仕事と旅行を兼ねたいと思っていることを理解しているため、タイでは臨時の仕事が多く募集されており、理想的なパートタイムジョブとなっています。

ダイビングマスターになることを勧める以上、厳しい現実についても伝えておく必要があるでしょう。たしかに、タイには世界有数のダイビングスポットや素晴らしい浜辺や海岸の景色があります(ピピ島のマヤビーチは、映画『ザ・ビーチ』が撮影された場所です)。しかしながら、基本的にダイビングシーズンになると、通常は毎日学校が開かれるため、週6日勤務という激務になります。良い面はといえば、ボートを操縦したり、細かなリゾート問題に対処したりする責任はありません。そういった作業は、タイ人のクルーがおこないます。業務は毎日早朝から始まり、肉体的にきつく、単調な作業が繰り返されます。給与は月250ポンド程度と、さほど高くありませんが、生活費は非常に安く、研修を経てインストラクターになれば、十分にペイします。ただし、ほとんどの人はお金のためではなく、経験のために働いていることをお忘れなく。最終的にそれが自分にとってプラスになる仕事になるかどうかはあなた次第ですが、Divepodのアレックス氏の次のメッセージは大いに励みになるでしょう。

「毎日給料をもらってダイビングに行けるんですから、こんなに素晴らしい仕事はありません……ダイビング技術を上達させて、なおかつお金も稼げるうってつけの手段として、この仕事を誰にでもお勧めします。ダイビングの仕事を末永くやっていきたいと考えている人には、まずダイビングマスターとして働きながらある程度経験を積んでから、インストラクターになることをお勧めします。私の場合、タイに多くの友人ができ、最高の生活が送れています。こちらに来てからずいぶんと経ちますが、もう帰国したくありません!」

ツアーガイド

海より陸のほうがお好きなら、タイ周辺の周遊旅行パッケージを提供している大手の会社でツアーガイドまたはグループリーダーとして働く手もあります。同じようなパッケージを提供している会社は数多くあり、それらの会社は、タイ周辺を巡る少人数のグループ旅行をサポートする熱意と根気のあるヘルパーとガイドを必要としています。タイ周辺の40日間ロング・トレッキングを企画するFree and Easy Traveler社もその一つです。同社のツアーガイドは、トレッキング中の旅行者を手助けし、彼らの安全と快適さを確保することが主な仕事です。この旅行プランに関する詳細は、同社のウェブサイトに記載されています。同社は季節ごとに10人のリーダーを採用していますが、この仕事に関心がある方は、次のアドレスに電子メールを送り、自分がすぐれたトリップ・リーダーになれると思う理由を説明しましょう。一流の履歴書(CVやレジュメ)、添え状(資格等の詳細を記載)は、他の申請者との違いをアピールするのにうってつけの方法です。というのも、その仕事は1シーズンわずか10人の狭き門だからです。しかし、実のところ、同社が求めている明確な基準のようなものはなく、そのため、学歴にかかわらず誰にでもチャンスは平等にあります。けっして簡単に得られるポジションではありませんが、過去には、スウェーデン、南アフリカ、米国、カナダの出身者がリーダーに選ばれています。同社があなたを採用する場合、同社はあなたのビザに関わるすべての問題、あなたの初めての旅行に伴うフライトや宿泊、移動手段などを手配してくれます。また保険の加入や日々の必要経費を手当てしてくれます。経験を積めば、手当も増額されます。まだ十分に魅力を感じていただけないなら、この仕事に伴うもう一つの大きなボーナスを紹介しておきましょう。給与はかなり競争的です。すべての旅行と同様、部屋とフライトが手配され、月額500ポンド以上が支給されるでしょう。

しかし、ご承知かもしれませんが、わがWorking Abroad Magazineは、正直を誇りとしておりますので、こうした仕事のプラスとマイナスの両面を包み隠さず紹介しました。Free and Easy Travelerのグループリーダーになることの良い面は、特別な40日間のトリップのうち35日間をトロピカルビーチや鬱蒼とした熱帯雨林にいられることです。旅の行き先は、好きにならずにいられない完璧なバックパッカースポットから厳選されますので、働くだけでなく、旅も味わえます。もちろん、他の20人の若者たちとの旅ですので、素敵な時間になること請け合いです!

Free and Easy Travelerの創業者でもあるカーティス・スミス社長は、グループリーダーとして働くことは、人生を変える経験であり、非常にやりがいのある仕事だと述べています。

「あなたは、もし自分ひとりで旅していたなら知りえなかった生き方や考え方を人びとに伝えることができるでしょう。私どもが提供する旅行は、常に何らかの形でプラスの効果をもたらします。グループリーダーとしてのあなたは、旅行を通じて参加者各自の成長を促す大きな役割を果たすことになるのです」と。

ミャンマー労働局、タイの人材派遣会社33社をブラックリストに掲載

ミャンマー労働局は、タイ王国に労働者を派遣しながら、彼らの保護についてミャンマー政府に協力しなかったタイの人材派遣会社33社と個人9名をブラックリストに掲載しました。

ミャンマー労働・移民・人口省移民労働者局のDaw May Thu Nyo副局長の説明によると、ミャンマーは2014年以降、タイに労働者を派遣しながら、彼らの権利保護を怠った人材派遣会社と人物をブラックリストに掲載しているとのことです。

今回ブラックリストに掲載された人材派遣会社33社と個人9名は、ミャンマー外国人材派遣連盟(MOEAF)のメンバーだといいます。

「ブラックリストに掲載される会社と人物は増加の一途をたどっています。その一部は、外国出稼ぎ労働者の派遣許可を再申請してきましたが、われわれはこれを却下しました。」

Daw May Thu Nyo副局長によると、ブラックリストに掲載された会社は、外国出稼ぎ労働者の保護を強化するために労働局が提案している改革を実施する場合にのみ労働者派遣の再開が許可されることになります。

ミャンマー労働省は、タイ王国において然るべき措置が講じられるようタイ労働省に対してすでにブラックリストを送付しています。

MOEAFのU Lyaw Htin Kyaw事務局長は、問題のある人材派遣会社と人物のブラックリスト化をミャンマー労働省に要請したのはMOEAFだったことを明らかにしています。

「それらの会社は、タイに派遣した労働者を保護しませんでした」とMOEAF事務局長は述べています。

ミャンマーには240社以上の外国人材派遣会社があり、うち40社は長期にわたってタイに労働者を派遣しています。

2016年12月にタイ政府がミャンマーへの労働者派遣を禁止して以後、現在80社の人材派遣会社がタイに労働者を派遣しています。

労働当局とMOEAFの調査によると、平均1万〜1万5,000人のミャンマー人労働者が毎月タイに派遣されているようです。

MOEAFに加盟する人材派遣会社を通じてミャンマー人労働者を採用するタイの人材派遣会社は80社を超えています。

一部タイの雇用者は、労働者の採用が必要な場合、ミャンマーの人材派遣会社に直接問い合わせているようです。

タイの人権団体によると、同国で働いているミャンマー人の出稼ぎ労働者は約400万人にのぼるとのことです。

タイの新関税法発効後もタイ‐カンボジア国境を通過する陸上貨物輸送は従来どおり

タイの新関税法が発効しました。ただし、タイ‐カンボジア国境を通過する第三国との間の陸上貨物輸送は従来どおり続きます。

カンボジア関税・消費税総局(GDCE)の発表によると、タイの新関税法を遵守し、国境貨物輸送の新たな規則および手続きを定めるためのタイとの越境貿易に関する了解覚書は、予定期限の2017年11月13日までに具体化しませんでした。

GDCEの声明によると、「了解覚書の中身は、両国間での議論を経て合意に至ったものの、タイ側において協定署名までの国内手続き作業にもう少し時間を要する」とのことです。

また、国境における輸出入手続きはこれまでと変わらず、少なくともタイ関税当局から追加の通達が出されるまでは、越境貨物輸送は従来どおりであると投資家と運輸会社に対して確約しているとのことです。

カンボジア貨物フォワーダー協会のSin Chanthy会長は、これは業界にとって朗報とクメール・タイムズ紙に語っています。

またChanthy会長は、「通常どおり業務を続けられることは、すべての事業者にとって朗報です。私どもはカンボジアの税関当局と緊密に協力し、タイとの了解覚書を後押ししています」とも語っています。

2016年のカンボジアとタイとの間の二国間貿易は前年比1億ドル増の56兆ドルでした。2016年のタイからカンボジアへの輸出額は47兆ドルであり、カンボジアからタイへの輸出額は9億3,700万ドルでした。

ToRとMajaのコラボ、アジアの英語圏マーケットに「完全にマッチ」

タイとフィリピンの音楽業界は、ToR+ SaksitとMaja Salvadorとの文化の垣根を越えたコラボをめぐって衝突しています。

シンガー・ソングライターでピアニストのToR——フェイバリット・アーティスト・オブ・タイランドを数回受賞——は、英語歌詞のバラッドFalling Into You(君にぞっこん)という曲で、ワイルドフラワーのリードスター(ダンス&ミュージックの世界で活躍の場を広げ、多彩な肩書を持つ)とデュエットしました。

この「夢の共演」は、BEC-TERO Music ThailandがIvory Musicと共同で企画したものです。Ivory Musicは、Majaのミュージックレーベルで、彼女はパタヤの南にできた最新設備のカルマ・スタジオでFalling Into Youを収録するためにバンコクに降り立ちました。この新曲は、Vanness Wu、Cyndi Wangらアジアのポップスターとタッグを組んできた台湾のプロデューサー兼コンポーザーVictor Lauが作曲しました。

Majaにとって、同じアジアのアーティストとコラボしたのは今回が初めてですし、ToRにとっても、自ら共作した英語歌詞の曲を収録した初めての経験です。

報道によると、Falling Into Youは、Majaの官能的で感情的な表現に加えて、タイのポップスターがつまびくピアノ演奏の妙技と心に沁みるボーカルが際立っているとのことです。

両アーティストの音楽ファンのもとへは、バレンタイン・シーズンに合わせてグローバル・リリースされる2018年2月にこの曲が届けられるでしょう。

33歳のToR(本名Saksit Vejsupaporn)は、ヒットチャートをにぎわすタイの歌手たちにピアニストとして紹介された2003年以来、タイの音楽業界で活躍しています。2007年にソロ活動をスタートさせ、ピアノ演奏だけでなく、自ら歌ったアルバムLiving in C Majorは、タイの音楽チャートで第1位に上りつめました。

去る9月、ToRはシンガポールで開催されたイベントMusic Mattersで、第1回のArtist That Matters 2017 Awardを受賞しました。Majaとのデュエット以外にも、ToRは最近、Waiting For Loveという(北京語で歌われた)曲で、ソニー・ミュージック・チャイナのJoshua Jinと共演しています。この曲は、中国、香港、台湾、シンガポール、マレーシアでリリースされました。

ToRは最近、Majaとの写真撮影のためマニラを訪れていました。その滞在中、彼はSTARとのe-mailインタビューも受けています。以下がその一問一答です。

今回のコラボについてお話をおきかせください。どういう経緯だったのでしょうか?

「Falling Into Youは、2016年にイギリスの作曲家2人と共同で書いた曲でした。とても素敵なデュエット曲だということは分かっていましたが、デュエットするいい相手が見つかりませんでした。なにせ英語の曲ですから。2017年初め、私の所属レーベルBEC-TEROが教えてくれたのですが、この曲をたいそう気に入っているフィリピン人アーティストがいて、この曲で私と共演したがっているというのです。それが最初でした。」

フィリピン人アーティストと初めて共演してみて、どういうお気持ちですか?

「英語の曲ですから、[英語圏]マーケットに完全にマッチするなと思いました。それに、この曲は、どんなに二人が離れ離れになっていても、互いに愛し合っていられることを歌っています。フィリピンについてお話しすれば、私は彼ら(フィリピン人)にとても親近感を抱いています。なぜなら、小学生から高校生まで、私を教えてくれた先生はみんなフィリピン出身でした。私の最初のバスケットボールの監督も、英語の先生も、聖歌隊の先生も、みんなフィリピン出身でした。そういう次第で、私はある意味、フィリピン人との縁を感じています。ですから、私はきっと素晴らしいコラボになると確信していました。」

「Majaはとても素敵なひとです。もちろん、彼女は美しい。ですが、世の中には、しじゅう「美しく」見られるように気を使ってばかりいる有名な女優さんが大勢いらっしゃるでしょう? 個人的には、そのせいで魅力が削がれているような気がします。ところが、Majaは違います。彼女は自然体です。話すときも、ジョークを言うときも、笑うときも、しっかりと地に足がついています。それが、私にとって美とは何かということの定義なんです。つまり、自然体ということです。」

このペアで何を実現したいとお考えですか?

「タイとフィリピンのマーケットのあいだで音楽カルチャーが交流するということは、Majaにとっても、私にとっても、素晴らしい機会になります。アジアのマーケットには、ロマンティックな愛のバラッドが広まる余地がまだたくさんあると思います。さらに、Falling Into Youを聴いてくださった方が、愛する人のためにこれを歌ってみたいという気持ちになってほしい。みなさんに幸せが訪れてほしいのです。」

Majaとの共演以前に、フィリピンの音楽やアーティストについて何かご存知でしたか?

「正直に申しますと、フィリピンのミュージックシーンについては、あまり知りませんでした。ただし、多くのフィリピン人のみなさんが音楽に造詣が深いことは存じております。歌が歌えないフィリピン人に出会ったことは一度もありません。それは、あなた方の文化が持つ偉大さなのだと思います。」

Falling Into Youを共作されて、何かインスピレーションが得られましたか?

「私がインスピレートされたのは、遠距離恋愛についてでした。私たちは誰しもその人生において、それぞれ責任を負っていると思うんです。いくら離れていても、自分を待ってくれている(あるいは愛してくれている)誰かがいるんだと分かっていることは、なんて素晴らしい感情なんでしょう。」

あなたの経歴を拝見していて気づいたのですが、あなたは2003年から15年近くプロのアーティストでいらっしゃいますよね。これまでの音楽経験をどのように総括されますか?

「今日やっていることができているってことは、なんて自分は恵まれているのかと思います。ここ数年はタイ国外にも活動の場を広げることができました。中国マーケットとか、まもなくフィリピンのマーケットにも。私の人生は、すべて音楽です。音楽によって周りの人びとが幸せとインスピレーションに満たされることを祈っております。」

あなたの音楽は、かりに「進化」という言葉を使ってよろしければ、スタートした頃からどれくらい進化してきたとお考えですか? それから、タイのトップ・ミュージック・スターのお一人として、時とともに変化する聴き手の音楽的嗜好に敏感であるために何かやられておられますか?

「私にとって、音楽は日記のようなものです。人間は、日記をつけるとか、絵を描くとか、写真を撮るとか、音楽を作るといった形で、記憶や歴史を記録しようとしてきましたよね? 今日書いた曲は、自分がどう感じ、自分が何者であり、今日何に熱中したのかを反映しています。私がやらなければならないことは、私の人生を生きること、音楽に磨きをかけることだと思うんです。新たなインスピレーションを見つけること、新たな課題を自らに課すことも、私がやりたいことです。」

これから先数カ月、私たちはあなたに何を期待してよろしいでしょうか?(たとえば、フィリピンやその他のASEANの国のアーティストとのコラボとか…)

「現在、次のアルバムに向けて新曲を書き始めています。たぶん次は、タイや中国など他のアジアのマーケットでリリースすることになるでしょう。ですが、フィリピンをもっと訪れることができればと思いますし、この国でコンサートを開きたいとも考えています。」

最後に、フィリピンの音楽ファンに何かメッセージをいただけますか?

「みなさんがこの曲を愛してくださることを望んでいます。私たちの人生の大部分は、愛からなっています。誰かを愛することができるってことは、とても心に残る経験だと思います。どうかその経験を、あなたが愛する人と分かち合ってください。」

タイの芸術家、2017年のペインティング・オブ・ザ・イヤーを受賞

タイの芸術家Sukit Choosri氏が描いた乙女の肖像画が2017年のUOB東南アジア・プリンティング・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)の発表によると、テンペラ絵の具やアクリル絵の具で描かれた、穏やかだが心を釘付けにするOne Lifeは、競争が激しさを増す経済環境のなかで、タイの若者が自分たちの将来に対して抱く不確実性を活写した絵として審査員の心をつかんだようです。

Choosri氏(40歳)は、2013年に設けられたこの賞を初めて受賞したタイの芸術家です。

オン・イェクン・シンガポール教育大臣兼第二国防大臣を招待した授賞式は、ヴィクトリア・コンサート・ホール&シアターで開催されました。

2013年に同賞が創設される前まで、UOBペインティング・オブ・ザ・イヤーのコンペティション参加者は、東南アジア各国(タイ、マレーシア、インドネシア、シンガポール)で開かれるコンペティションに参加するしかありませんでした。

UOBのコンペティションは36年目になります。シンガポールでは、最も歴史のあるアートコンテストで、UOBの旗艦アートプログラムでもあります。

受賞作は、2017年11月16日から2018年2月末日まで、80ラッフルズ・プレイスのUOBアート・ギャラリーに展示されます。

上記4カ国出身の4人の審査員は、「菩提樹が徐々に朽ちていく様子に人生のはかなさが見事に描かれている」として、Choosri氏の精細な筆致を称讃しています。

Choosri氏は、自分の作品がめざしているのは、人びとに省察を促し、つかのまの生を超えたところに目を向けるよう示唆することにあると語っています。「善かれ悪しかれ、変化は避けられません。われわれは絶えず心を開き、人生上のあらゆる形の変化を迎え入れ、叡智を学んで修得する必要があります」とも。

ペインティング・オブ・ザ・イヤーのコンペティションは、地域社会にお返しする同行の取り組みの一環であると黄一宗UOB総裁は語っています。

「私たちは、芸術作品を通じて、地域を越えた人びとが一つのコミュニティとして親密になれるよう手助けすることができると信じています。」

「私たちは、地理的・経済的な絆を通じてだけではなく、私たちに共通のルーツと繋がりをより深く理解し、認識することを通じて結びつくことができるでしょう」と黄一宗総裁は述べています。

Choosri氏は前月にタイランドUOBペインティング・オブ・ザ・イヤーも獲得しています。

2017年のその他の受賞者は、Sunny Chyun(シンガポールUOBペインティング・オブ・ザ・イヤー)、Yang Kaiwen(シンガポール・モースト・プロミシング・アーティスト・オブ・ザ・イヤー)です。

このコンペティションは、シンガポールと東南アジアで活躍する著名な芸術家の登竜門となっています。過去、Raymond Lau、Chua Say Hua、Hong Sek Chern諸氏がヤング・アーティスト・アウォードを受賞しています。

タイのカフェ、3Dプリンターであなたの顔をパンケーキに

タイの通りに座って、自分の両目を見ながら考えています。左目と右目、どちらから食べようか、と。別に血まみれの悪夢にうなされているわけではありません。パンケーキの表面に描かれた自分の顔とにらめっこしていただけです。

実際、チェンマイの繁華街に、自分の顔をパンケーキに描いてもらえるカフェがあります。自撮り写真を送るだけで、生地上にあなたの顔を細部まで忠実に再現してくれるのです。

自分の顔をパンケーキに描いてくれる場所はそう多くありません。ただし、タイ北部のショッピングセンターだけは例外でしょう。下着販売店やワニ革のコピー商品を扱う店の隣に建つ、この商魂たくましい殿堂の3階にひっそりと店を構えているのがASカフェです。

世界中にあるこの種の数少ない場所の一つASカフェは、3Dプリンターとパンケーキ職人の手作業を組み合わせて、自撮り写真をバターで再現しています。

その工程は、まずトッピング選びから。クラシックシロップ、バターシロップ、メープルシロップのなかから選びます。顔にアイスクリームやフルーツをたっぷりとかけることもできます。次に、ああでもないこうでもないと表情を変えながら20分ほどで自分の顔を自撮りします。いろいろと考えて、顔や髪の毛や眼鏡を付け加えることもできます。スナップチャットフィルターはお勧めしません。準備が出来たら、所定のアドレスに写真をメール送信しましょう。

興味深げに見つめる店員を傍目に、私と友人たちは写真用にぎこちないポーズをとりながら、ばかみたいに笑顔を作ります。次にパンケーキ職人のWaanさんがボトルにバターを詰め込み、3Dプリンターが顔の輪郭をスムーズに描いていきます。ところが、途中までいったところで急に動かなくなり(どうやら私の顔がプリンターを壊してしまったようです)、Waanさんは困惑の表情。彼女はボトルをトントンと叩いて、バターを詰め直し、作業を再開しました。

Waanさんは、彼女のスマホ画面にある私の笑顔の写真をよく見て、眉に皺を寄せています。彼女は大小さまざまのバターノズルを使って私の顔を描いています。その表情は真剣そのものです。そう見えるのも無理はありません。恐るべき集中力を要する作業ですから。いろいろと計算しているのはもちろんです。Waanさんは、私の髪の毛や顔の凹凸をはっきりと描こうとバターノズルを慎重に操っています。こうして、パンケーキの輪郭が出来上がります。

途中、歯の輪郭だけが完成した状態を見ると、私の表情は痩せこけたダースベーダーのようで、あまり気分のよいものではありません。

「パンケーキ作りがどれほど難しいことか。一つ一つ手作りですが、どなたであれ、その方の特徴を忠実に描かなくてはなりませんから」とWaanさんは言います。私は我慢して、じっと待ちます。私の鼻が魅力的に見え始めてきます。

ASカフェがオープンして1年余りになります。もう一人のパンケーキ職人Gikさんは、大学でマルチメディア・アートを学び、二人ともこの仕事のために3カ月間修業しました。その短さたるや驚異的です。その腕前たるや印象的です。二人のもとには、ペットのパンケーキを作ってほしいという注文が毎日のように届くそうです。いちばん珍しい注文について訊ねると……

「いちばんびっくりしたのが、山羊のパンケーキでした。その御婦人が申されるには、『きのう山羊に襲われたの。だから今日は私が山羊を食べてやるわ!』と」

そうこうするうちに、私たちのパンケーキが完成しました。特にファンファーレもなく、味気ない白いプレートに載せられて配達されます。眉はシロップで、鼻と頬はバターで厚化粧されています。結局、自分の顔を食べるというのは、奇妙で、意外に憂鬱なものです。パンケーキ上の私の両目は悲しげに見えたので、最後まで取っておくことにしました。少し考えてから、最初は頬から食べることにしました。

パンケーキに印刷された顔を見ていると、あれやこれやといった実存的な思いに駆られます。「眼鏡をかけていればよく見えたのだろうか?」「あの大きなIRLは本当に私の鼻なのだろうか?」「どうして私の鼻がプリンターを壊したのだろうか?」等々。

友人の一人は、彼女のパンケーキの顔を見ながら、「私って父親似なんだ」と言いました。

「パンケーキの私って見栄えがいいわ」ともう一人の友人は言いました。

「ぼくは90パーセントが髪の毛だ」と三番目の友人が言いました。

私たちは皆、パンケーキを使って、いろいろなヘアスタイルを試してみました。完全に加熱調理された生地を切って、自分たちの髪型をボブやピクシーにしたらどういう感じなのかを見るために。ふと私は、パンケーキの自分が、食べてしまえば跡形もなくなる千年に一度の儚き空しさの実に究極のものだという気がしました。

美味なる千年に一度の儚き空しさです。