タイで仕事を探すには

タイで仕事を見つける手段はいろいろとありますが、仕事を探すときには、多くの仕事がタイ人を対象にしている点に注意する必要があります。

タイで仕事を探す手段としては、主に以下のものがあります。

新聞:タイの主要紙World today, Bangkok daily, Bangkok postにはしばしば求人情報が掲載されています。しかしながら、新聞に掲載された職はすでに埋まっている可能性があります。多くの企業が自社のパブリシティを高めるためだけに求人広告を出している場合があるからです。

インターネット:大半の国外在住者は、Jobzingand Monsterのようなネットの求人サイトで仕事を探しています。ネットの求人サイトは、分野、給与、地域など一定の基準で探すことができます。タイ語が読めるなら、タイ労働省雇用局や職業訓練局のウェブサイトが役に立つでしょう。

人材派遣会社:求職活動に専門の助けが必要なら、タイの人材派遣会社に問い合わせてみるとよいでしょう。そうした会社はたいてい大手企業と協力しており、最新の経済状況を把握しています。加えて、求人情報、面接対策等で助言を与えてくれるでしょう。そうしたサービスは、常に手数料が(利用者本人か利用者を雇う企業に対して)課されます。

ネットワーク:国外在住者のオンラインフォーラムも、タイの雇用市場に関する情報や助言を与えてくれます。タイで働いている人たちと連絡を取るため、LinkedinやXingなどのソーシャルネットワークサイトやJust Landedのタイ・ジョブ・ポータルをチェックするとよいでしょう。

国外在住者、タイで仕事を探すには?

ここ最近の米国やヨーロッパのダウンサイジングの影響で、アジア、とりわけ微笑みの国タイで仕事を探す人が増えています。しかし海外で仕事を得るのは、そう簡単なことではありません。私からは、次のようにアドバイスしたいと思います。

タイにおいては、会議所や各種の社会集団を通じたネットワークとつながりを持つ必要があります。優れた創造的な仕事といえども、やり方次第で入り込める余地が常にあります。しかしながら、少なからぬ人たちが、興味の持てない仕事や不得意な分野で働いています。誠実な連絡を心がけ、友達になる必要があります。もし次の条件が満たされていれば、あなたに仕事が舞い込んでくるでしょう。
1. 彼らがあなたを気に入り、あなたに好印象を抱くこと。
2. あなたが最高水準の製品を提供していること。
3. あなたが十分な製品を提供しているが、同時に優れた顧客サービスも備えていること。あるいは最適な価格体系を持ち、問題が生じた際にアフターサービスを提供していること。
4. あなたが彼らの知り合いのために現在仕事をおこなっており、その仕事ぶりが優秀で、彼らの友人があなたを激賞していること。

ウェブ開発者およびデザイナーへ
タイに自分の事務所を開き、外回りをして、あなたのサービスを提供することができます。うまくいけば、広告代理店のためのウェブ開発部門の開設を提案するか、広告代理店の従業員になることができます。しかし、あなたはワールドクラスの従業員でなければなりません。さもなければ、彼らは後悔の弁を口にするでしょう。タイ人を雇えばよかった、と。アウトソーシングの行き先はアメリカではありません。インドのほうが地理的に近く、コストも低く抑えられます。

ここタイにおいて、優れたプリント・グラフィックス・デザインは飽和状態にあります。それはどこででも、なんとかすれば手に入れられます。発展の可能性があるのは、3Dグラフィックス&アニメーションです。タイ人はこの分野でやや遅れを取り、そのデザインは初歩段階にあります。これについて、価格さえ見合えば、マーケティングの余地はまだあります。タイで優れたロゴを製作している人は少なく、彼らは大量コピーしているのが実状です。ウェブ放送は、世界中もさることながら、タイでは基礎段階にとどまっています。タイ人が金を注ぎ込んでいるのは、依然としてテレビです。

すべての求職者へ

あなたは自分の作品を展示するウェブページを示す自分のLinkedInを更新したいかもしれません。実のところ、ほとんどの人は、あなたの成果物や能力を見る前に、あなたと話をしたり、直接会ったりする時間がありません。ですので、あなたのメソッドや実績についてもう少しだけ話してみましょう。ただし誇張は禁物です。

パーソナルページでもう少しあなたの魅力をアピールするとよいでしょう。そのリンクをあなたのLinkedInに貼りましょう。保護コンテンツを持つのもよいでしょう。それが少なければ、リンクも少なくなり、なによりも、自分自身を消極的に見せてしまい、(退屈な)自己の宣伝屋になるでしょう。

タイで働きたい理由をはっきりさせましょう。次に、もしもあなたの肩書きにFinancial Servicesを謳いながら、あなたの経歴が一般的なマーケティング&ビジネス開発、何らかの製品開発、何らかのデザインなら、混乱の因となります。あなたのプロフィールからは、あなたが何をしている人なのか、あなたの専門が何なのかが分かりません。私だけが分からないのではありません。

PRのプロやコピーライターに依頼して、名刺、履歴書、ウェブページなどの自己宣伝手段を改善しましょう。少しお金を払えば、彼らは期待に応えてくれるでしょう。彼らの仕事の出来具合も確認しましょう。さもなければ、素人が素人を導いているようなものです。PRのプロを探しているとき、なぜ彼らを雇うのかを自らに問い返しましょう。そうすれば、自己宣伝の仕方が分かるでしょう。

他のアジアの国でもそうですが、タイでうまくスタートを切る方法は、英語教師としてタイを訪れることです。そして英語教師をしながら、求職活動をすることは可能です。あなたにTEFLの証明書かその類いがあれば、基礎的な教職の仕事に就けるかもしれません。倹約を心がければ、生活費を心配せずに暮らしつつ、本当にやりたい仕事を見つけるための活動が続けられます。周囲とのネットワークを維持しましょう。新しい交友関係を築けるだけでなく、いくらかでも新たな面接機会が得られるでしょう。

覚えておくべきこと

この新たな仕事を探している間に、自分自身について学び、沈思黙考し、未体験の食べものに挑戦し、世界中からやって来る外国人の文化とあなたの文化とを分かち合いましょう。慈善活動に参加するのも悪くありません。結局、タイで基本的な仕事をしながら得られるのは、ビーチで過ごす週末の数日にすぎないかもしれません。しかしながら、たとえそうだとしても、あなたはいつでも帰国できるのだということを忘れないでください。さあ、あなたはすでに、タイにおいて履歴書に載せられる仕事に就いています。あなたの故郷にそんなひとが何人いるでしょうか?

幸運を祈ります!