タイで仕事を探すには

タイで仕事を見つける手段はいろいろとありますが、仕事を探すときには、多くの仕事がタイ人を対象にしている点に注意する必要があります。

タイで仕事を探す手段としては、主に以下のものがあります。

新聞:タイの主要紙World today, Bangkok daily, Bangkok postにはしばしば求人情報が掲載されています。しかしながら、新聞に掲載された職はすでに埋まっている可能性があります。多くの企業が自社のパブリシティを高めるためだけに求人広告を出している場合があるからです。

インターネット:大半の国外在住者は、Jobzingand Monsterのようなネットの求人サイトで仕事を探しています。ネットの求人サイトは、分野、給与、地域など一定の基準で探すことができます。タイ語が読めるなら、タイ労働省雇用局や職業訓練局のウェブサイトが役に立つでしょう。

人材派遣会社:求職活動に専門の助けが必要なら、タイの人材派遣会社に問い合わせてみるとよいでしょう。そうした会社はたいてい大手企業と協力しており、最新の経済状況を把握しています。加えて、求人情報、面接対策等で助言を与えてくれるでしょう。そうしたサービスは、常に手数料が(利用者本人か利用者を雇う企業に対して)課されます。

ネットワーク:国外在住者のオンラインフォーラムも、タイの雇用市場に関する情報や助言を与えてくれます。タイで働いている人たちと連絡を取るため、LinkedinやXingなどのソーシャルネットワークサイトやJust Landedのタイ・ジョブ・ポータルをチェックするとよいでしょう。

タイの雇用見通し

タイで仕事に就きたい者にとって有望な分野は、医療と製造業です。両分野とも、それぞれ成長を促進するためにより多くの人材を求めているからです。

ジョブズDB(タイランド)のマネージング・ディレクターNoppawan Chulakanista氏が明らかにしたところによると、同社が2017年1月にアジア6カ国を対象に実施したオンライン調査で、タイは雇用増加見通しが第3位でした。

アジア6カ国(フィリピン、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ)の企業の約22パーセントは、事業数・社員数とも拡大する予定であると答えています。

この調査によると、これら6カ国の求職者は8,000人、事業者・雇用者は3,000人となっています。

また、タイに拠点を置く企業のうち43パーセントは、2017年の雇用を拡大し、来年以降もさらに採用を増やす予定であると回答しています。

企業の約39パーセントは、欠員を埋めるか、必要な場合に雇用を増やすようです。

「タイでは、消費財、サービス、小売など各種事業分野を後押しするためのスペシャリストや専門家に対する需要が高い状態が続いています。」

「医療・製造業の上位2産業は、それぞれのビジネス成長を促進するためにより多くの専門家や特殊技能者を必要としています」とNoppawan氏は述べています。

新興企業は、自社のビジネス成長を促進するための新たな情報技術の開発に必要な専門的人材を求めているようです。

ジョブズDB(タイランド)の調査によると、求職者が2017年に縮小を予想している産業は、金融サービス、電気通信、製造業だといいます。

多くの求職者は、労働市場に対して消極的な見通しを示しています。同じ分野で働く労働者間の競争が激しくなり、「夢の仕事」を見つけることはますます難しくなりつつあります。

適職を見つけられる可能性の高い産業として、求職者が挙げている上位3産業は消費者向け小売業、製造業、電気通信です。

Noppawan氏によると、企業は、競争が激しい労働市場において優秀な人材を引き寄せる鍵はオンラインメディアだと見ているようです。

「企業は、デジタルメディアを活用して、自社のプロフィールやビジネスブランドを広め、自社の事業に参加する人材を取り込んでいく必要があります。今や求職者の約52パーセントがオンラインで仕事を探しているからです。」

「求職者はまた、新たな仕事に就くよりよい機会をつかむために自分のプロフィールを更新しています」とNoppawan氏は述べています。

タイの労働市場は約3,850万人を抱えており、2017年の失業者は約40万人を数えます。企業は自社のビジネスを促進するための専門知識や創造的技能を備えた人材を探しているとNoppawan氏は述べています。